スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

多読はお金がかかる/小学校生活(軌跡7) 

読書をするのに図書館を利用できないのは、本当に痛いです。

我が家の場合、最寄の図書館には外国人向けの本があるだけで

英語学習者向けの本は1冊もありません。

他館(県外)取り寄せもしたことがありますが、

忘れた頃に「2日以内に取りに来てください。」と言われ、

さらに、輸送日込みでの貸し出し日数のため、手元におけるのは1週間程度

「はい、読んで!」と言って読める状況でもなく(日常でいっぱい)

結局、借りる手間だけかかって終わりました。

そこで、購入するわけですが、

ORT(oxford reading tree)シリーズ、ステージ1~9まで

trunk , moreA , moreB で、10万円くらいかかってるわけ

(CDなしなら、もっと安くなります)

英語道楽にもほどがあるよね(苦笑)

このシリーズのキャラクターは我が家には大ヒットだったので

後悔はしていないのですが、簡単に勧められる値段ではありません。

さて、このORTでYL0.9まで進むことが出来ます。

が、ここからのレベルアップ、本選びに難儀しました。

読み始め、語数が少ない本でも値段は同じだけかかります。

読みやすい本を選ぶと、あっという間に読んでしまい終了。

消耗品と言ってしまっていいほどです。

それで、本のレベルを上げると、好みでない場合は読めない・・・

ガックリ

最初は、本選びも楽しんでやっていたのですが、

検索には時間がかかるし、だんだん面倒になってきました。

そして、根底にあるのは「小学校生活の大変さ」(学級崩壊はめずらしくない)

長時間拘束されて、子供たちはストレスいっぱい

それを解消するための外遊び、ゲームをする時間は欠かせません。

家庭学習、他の習い事、日本語の読書

英語の読書の優先順位はその後です。

だから、大抵の英語育児家庭は、小学校に入ると教材をやめてしまいます。

頑張る家庭は、公文英語を始めるものの(読み書き導入)

1~2年でやめることが多いかな・・・(これも別で書きます)

中学受験、大変ですしね

「落としどころを探る」そんな感じになるのです。

うちも小4~5年、多読レベルが劇的に上がることはありませんでした。

「3歩進んで2歩下がる」この言葉がぴったり

また、親離れ・子離れの段階で、子供よりも自分に目が行き始め

英語の掲示板やブログを読まなくなっています。(だから英語続けてるのかも)

そんな中、最近、子供たちの英語に変化を見つけたので

そのことを書きたいなと思っています。

--------

8年間を振り返るって大変だな(爆)

読み返して、抜けがたくさんあるのよね・・・

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ
にほんブログ村

関連記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。