スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かけ流し復活(シャドーイングのために) 

ここ3ヶ月ほど全くと言っていいほどかけ流しをしていなかった。

けれど、小5息子のシャドーイング素材(公文英語J)は

2~3日毎に変わっていくため「ちょっと難しい。」ということを

聞いたので、その音声をかけ流すことにした。

我が家の場合のかけ流しとは、

着替え、食事の時や遊びの時間に英語音声をかけっぱなしに

することである。音量は、耳障りにならないくらいの小さいもので

雑音や会話で音声が聞き取れないことがあっても、一切気にしない。

子供が聞いているかいないかも、一切気にしない。

意味が分かるかどうかも、一切気にしない。

ただ、音声を流す機械のスイッチを押すのが私の役目。

うちの子には、このかけ流しを聞いているうちに英語を丸ごと覚え、

再生する特技(?)がある。その状態で英文を見ると、

ぶつ切りではなく、抑揚のある(ナチュラルで外人さんみたいに)

発音で英文を読むことが出来るようになっていく。

この取り組みで

・リスニング
・リーディング
・スピーキング(口を動かすという意味で)

の3つの効果が得られる英語学習法だ。

以前やっていた素材は、幼児期~低学年頃に聞きなれたものだったので

かけ流す必要がなかったのだが、公文英語Jでは題材や単語が身近なものではなく

インプットが足らないようなので、かけ流しを復活させることにしたのだ。

・・・・・・や、「復活!」とまでは行かないのだけれど(行かんのかいっ)

ちょっと意識してかけ流しをしようと思う、その決意(笑)

↓英語ラクラク好成績の秘密
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。